デリケートゾーンの洗い方 | ニオイ対策

アソコの洗い方とソープ選び3選か|リンゴ酢も効果的です

デリケートゾーン臭い対策について


ディリケートゾーンの匂い…。凄く気になりますよねー!最近はデリカシーのない男子も多いからちょっと勇気がいりますね。すそワキガも気になるところですが、洗いすぎも逆によろしくないのよねぇ…。


そんなあなたも洗い方や石鹸選び、ちょっとしたコツさえつかめば大丈夫!人間のからだにはもともと免疫力がありますから良い菌、悪い雑菌が存在します。


良性菌は悪玉菌を退治してくれます。このページでは医師の先生方の知見も参考に取り入れていきます。まずは洗い方から学びましょう。


クサいからと言って薬用せっけんや刺激の強いソープの刺激を我慢しながら使わないでくださいね。雑菌(悪玉菌)を抑えてくれる良性菌まで死滅させてしまいます。


それから、膣の中まで洗わないことです!ここが凄く大事なのよ。膣の中では良性菌が住んでいるの、悪い雑菌から貴女を守ってくれます。匂いの元となるのは汗や体内からの分泌物が酸化、腐敗したところに悪玉菌が悪さをします。


ですが、トイレに駆け込みしょっちゅう「殺菌剤入りのウエットシート」や「ビデ」なので洗浄していると、あそこのニオイを抑えてくれる良性菌まで死滅してしまいニオイがでる悪循環になります。


トイレではウオシュレットか、心配な方は「リンゴ酢スプレー」もよろしいでしょうね。ソープ選びも注意が必用です!医師の先生方もおっしゃっておりますが、推奨の石鹸えらびや洗い方からご説明していきます。

デーデルライン桿菌(膣の中の乳酸菌)は膣の中を潤し、オリモノなどに混じって膣や外陰部などを悪玉菌から守ってくれています。洗いすぎや殺菌のし過ぎにはご注意くださいね。正常な膣内のPhは3,8〜4,5に保たれています。

上記のリンク参照:デリケートゾーン ケアバイブル 監修:高橋幸子医師、たつのゆりこ助産師、三宅はつえ助産師


デリケートゾーン洗い方

デリケートゾーンの洗い方


女性のデリケートゾーンは男性に比べたら凹凸(シワシワ)が多い分、蒸れやすく汚れがたまりやすいですよね。特にクリトリスや小陰唇などには恥垢(ちこう)がたまりやすい部分です。(白いカスみたいなアカのことです)


驚かなくても大丈夫、あなただけではありませんからね。男性も女性も一緒です、正常な状態ですが空気にふれ酸化すると雑菌(悪玉菌)が発生します。


 

男性も女性も一緒で、包茎(ほうけい)という状態があります。男性の場合はオチンチンの先が露出していない状態です。
女性の場合もクリトリスが露出していない状態です。男性の先っぽ(亀頭)と女性のクリトリスは同じようなものです。
大事な部分で敏感なところでありますから、保護するために皮が被っていますが、洗うときは皮をむいてぬるま湯で流して「白いアカ」を流さないと炎症やニオイの原因となります。


普通は、小陰唇やクリトリスちかくの恥垢(白いアカ)をシャワーぬるま湯で流すだけで充分なのです。が…彼氏とのデート前では意識しちゃいますね。石鹸を使う場合は、大陰唇より小陰唇の表面ていどにしておきましょう。
お尻のアナ付近は石鹸で大丈夫ですよ。

デリケートゾーンの石鹸えらび超〜重要ですわ


デリケートなところなので超〜重要です。ほかのWEBサイトでは弱酸性のベビーソープやジャウムソープなどいろいろ数多く紹介しているサイトを見かけますが、本来は湯洗いで大丈夫な場所です。


 

なるべく添加物や化学薬品が少ない天然オーガニックソープが安全です。


下記に選び方のPOITをおさえて安全なものをご使用ください。ここでは良質な3っつだけにしぼります。


厳選したデリケートゾーン消臭石鹸ベスト3選


 


デリケートゾーンの保湿クリーム選び


リンゴ酢の効果と使い方


page top